前へ
次へ

不動産売却をするときの契約方法とは

不動産売却をする場合、不動産売却をすることを不動産会社に依頼することが必要になります。不動産売却をする場合には、その契約方法がいくつかあるわけです。不動産売却の契約方法として一般的なのは、一般契約と呼ばれるものです。これは不動産売却をする人の多くが利用しているパターンになります。一般契約とは、不動産会社が依頼者に対して報告義務がないのが特徴と言えるわけです。他の不動産売却における契約方法は、不動産会社が1週間に1度程度依頼者に対して現在どのような状況になっているのか報告することが必要です。しかしそれがないため、不動産売却の情報を得ることができません。しかしその反面、いくつもの不動産会社と契約をしても良いことになります。ある意味これにより、不動産売却がうまくいく可能性も高くなります。もし迷った場合には、不動産売却時には一般契約を結ぶと良いでしょう。特に急いで売却したい場合などしなければ、不動産売却は一般契約で充分といえます。

Page Top