前へ
次へ

建て替え可能かを知って不動産売却する

土地付きの住宅を保有している人が不動産売却するとき、家を取り壊してから更地で売るか、土地付き住宅として売るかの選択があります。築年数が浅ければ土地付き住宅の方がいいかも知れません。築年数が20年以上経過しているなら建物の価値はほとんどないとされ、家を取り壊してから不動産売却した方が良いようです。築年数がそれなりに経過しているときは取り壊してからの不動産売却に進みそうですがその前に土地の事情を確認した方がいいでしょう。それぞれの土地には建築基準法による制限が設けられています。今の建物自体は違反ではなくても新たに建物を建てられない土地かも知れず、建てられない土地を更地で不動産売却するのは難しいでしょう。また建てられるとしても制限が厳しすぎる時も取り壊しての不動産売却がしにくくなります。一旦取り壊してからだと後に戻れないので、不動産売却時には土地の事情を調べる必要がありそうです。事情が分かればどうやって売っていくかの道筋もつけやすくなるでしょう。

Page Top